顔汗を止める「抗コリン剤のプロバンサイン」を安全に使うには

抗コリン剤のプロバンサインは頭皮や顔の多汗症の汗を抑える作用があることで
話題になっている顔汗を止める治療薬です。

 

抗コリン剤のプロバンサインは、日本では多汗症の治療薬として
唯一認可されている薬ですから安心・安全と言えます。

 

ただし、安心・安全というのは、正しい使い方をした場合ですから、
抗コリン剤のプロバンサインの使い方を説明します。

 

錠剤タイプは一日の量をきちんと守ること

プロバンサインは錠剤タイプの治療薬で、水で服用するだけで汗を抑えます。
ただし一日に必要な量をきちんと守らないと副作用がでますから注意してください。
主に病院で医師に処方される薬ですから、使用量は指示通りにしなければなりません。

 

一日に服用する量

プロバンサインは一日3回の服用で1回に1錠です。
これが基本的な服用量ですが、最初は基本よりも少ない量で試してみて、
効果がでない場合は、徐々に基本料まで増やしていきましょう。

 

即効性を求めていきなり大量を摂取してはいけません。
喉が渇く副作用には十分な注意が必要です。

 

処方以上に続けて飲まない

プロバンサインの制汗効果が持続するのは5時間程です。
したがって汗を抑えなければならない時間の1時間ほど前に服用すると良いでしょう。

 

ただし、連続して服用すると、副作用が出る恐れがありますから、
薬を継続服用したい場合は、医師のアドバイスを受けてください。

 

副作用が出た時にどうすればいいか

プロバンサインの副作用は、喉の渇きや身体のほてりで、
そのままだと脱水症状を起こすリスクがありますから、
副作用を感じたら水分補給をこまめにしましょう。

 

副作用が激しい場合は、使用を止めて、担当医に相談しましょう。
足汗 止める